サードメディスン

サードメディスンを学ぶといいこと〜2

「サードメディスンを学ぶといいこと」というタイトルで

4回シリーズで書いています。

今回は2回目です。

まわりの人に何かとやってあげたくなってしまう方に特に読んでいただきたい内容です。

自分の体験から

私はサードメディスンを勉強し始めたとき、グラフの4箇所のうち、ある部分が大体いつも飛び出て

いるのに気がつきました。

そんな私はわりといつもまわりに気を遣ってしまう、本当はこうしたいと思うことがあるのになかなか

言い出せなかったり、行動に移せなかったりで、そんな自分が不甲斐なく思っていました。

とにかく敵を作りたくない、人に嫌われたくないという思いから我慢をしたり、言葉を飲み込んだり。

思うように行動できないからますます腰が重くなっていきました。

ただ、いい場面もあり、それは協調性で、例えば仕事で同じチームの仲間とはとてもうまくやっていけるし

初対面の人でもそつなく付き合うことができる、つまり周りの人と摩擦が少ないのでたいていの人間関係を

良好に保つことができるということです。

それはそれで社会生活を送る上で、大事な生きる知恵でもあります。

でも実際本当の自分はどうなんでしょうか。

自分の傾向を知る

サードメディスンでグラフのそれぞれの箇所の傾向を勉強していくと、飛び出ていた部分が、まさに

自分が陥りやすい状態に当てはまるものでした。

それは多くのものを受け入れる状態、まわりとの境目が曖昧で確固たる自分がなく、ふわっと、ゆるっと

しているからまわりの影響を受けやすいです。

自分のことはさておき、まわりの人にかかわることを優先してしまいます。

ただそうはあっても自分のことは認めてほしいので努力したことをちゃんと評価してほしいと思う。

「よくやったね。」

「がんばったね。」

が何より聞きたい言葉だったと思います。

でも心の底ではこうだったと思います。

人からほめてもらうのではなく、自分のしたいようにして自分自身で満たされたい。

自分をださないことでたまっていくストレスをほんとうは発散させたい。

そもそもそんなストレスは溜めたくないと思っていたと思います。

ではなぜ自分をさておき、人とのかかわりを優先してしまうのでしょうか。

それは心と体がそのようなバランスになっていたからだったのだと思います。

それは私の本質ではなく、少し偏っていたからだったのですね。

自分を整えることで変化する自分を知る

サードメディスンを勉強していき、自分のバランスを整えることができるようになってくると

明らかに気持ちが変化しているのがわかります。

グラフのどこかが突出している時は、自分がそのような状態に陥っているのだと冷静にみることが

できるようになります。

バランスが整っているときの平穏な心の状態は、幸せを感じます。

 

まわりの人に何かとやってあげたくなってしまう傾向の方、きっとあなたがいることで家の中が

平和に安全に保たれていたり、多くを語らなくてもコミュニケーションがとれたり、優しい雰囲気で

まわりを包んでいらっしゃるのではと思います。

でも今の場所から一歩踏み出す勇気を持ちたいと思ったなら、自分を整えることでそれも可能になって

きます。

違う景色を見たいと思ったら、一緒にサードメディスンを学んでみませんか?

関連記事

  1. サードメディスン

    サードメディスンとは

    チェックは香りを嗅ぐだけです香りの好き嫌いから、体質だけでなく…

  2. サードメディスン

    サードメディスンを学ぶといいこと〜1

    「サードメディスンを学ぶといいこと」というタイトルで4回シリー…

  3. サードメディスン

    第三のアロマテラピー

    私がアロマテラピーにかかわってもうずいぶんになりますが…

  4. サードメディスン

    サーカディアンリズムとイオンマトリックス図

    睡眠はリズムを刻んで上下動を繰り返しています。浅いレム睡眠と深…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. サードメディスン

    サードメディスンとは
  2. サードメディスン

    サーカディアンリズムとイオンマトリックス図
  3. イベント

    アロマ&ニット〜癒しの時間〜part2
  4. イベント

    サードメディスン・チェック体験会 第2弾
  5. サードメディスン

    サードメディスンを学ぶといいこと〜1